家庭用精米機

家庭用に販売されている精米機の精米方式には、
圧力式やかくはん式、圧力循環式などの種類があります。



<圧力式>
メリット:精米中のお米が欠けにくく、比較的短時間で精米が出来ます。

デメリット:温度の上昇率が非常に高いので、精米後のお米が劣化しやすい欠点があります。



温度上昇によるお米の劣化は、お米の味が落ちますが、
時簡に余裕がある方は精米機のパワーを下げて2回精米すれば、
ある程度の劣化を防ぐ事が可能です。



<かくはん式>
メリット:温度の上昇率が少ないので、お米が劣化しにくいです。
またこのかくはん式の精米機は商品が安価なのが魅力です。

デメリット:静音タイプが無い、あるいは静音タイプでも機械の動作音が大きい。
お米の欠けが出やすい。



お米の欠けは、精米時には気になりませんが、お米を炊いた時に
ちょっとべちゃっとした感じに炊き上がります。



<圧力循環式>
メリット:普通のお米屋さんで行っている精米方式と同じです。
お米の欠けが出にくく、温度の上昇率も少ないのが魅力です。

デメリット:精米機が高価な商品になります。



一般的には、家庭用精米機として普及している商品は、
安価なかくはん式が多いようですが、音が大きいのが欠点でもあります。



また、現在の精米機には無洗米コースを内臓しているタイプも普及しており、
家庭で精米するにはとても経済的で魅力があります。



他にも胚芽米機能や、白米磨き機能といった
栄養価や鮮度にこだわった商品もありますので、
購入時には迷ってしまうかもしれませんね。


スポンサード リンク

精米機を購入する際には、精米機の口コミや売れ筋を参考にしてください。